サウスポーのファストカットボール

あいらぶやきゅう♪左投げでエグい球☆

工藤監督、山田に苦言「山田と勝負していない。山田を怖がっては駄目だ」

   

工藤監督、山田に苦言「山田と勝負していない。山田を怖がっては駄目だ」

spn_spnbiglb-20160615-0021-000-p-0_thum630

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1465941706/

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 07:01:46.95 ID:qpl/fE0h0
工藤監督「山田怖がっては駄目だ」3四球が逆転負け要因
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/06/15/kiji/K20160615012784540.html
ソフトバンク・工藤監督がポイントに挙げたのは逆転を許した8回ではなかった。先発左腕・山田のヤクルト・山田に対する逃げの姿勢だった。

「(失点は)四球がきっかけだよね。(山田と)勝負しようとしていない。
全て打つわけじゃないし、怖がっていては駄目だ」

2点リードの2回無死。先頭の山田を歩かせたことでピンチを招き、2本の適時打などであっという間に逆転された。続く3回も1死走者なしから再び山田に四球を与え、山田は4回に代打を送られ3回3失点で降板。

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 07:03:06.38 ID:UxFNGMbz0
山田山田アンド山田

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 07:03:43.72 ID:hycwVQsy0

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 07:03:11.98 ID:qpl/fE0h0
その姿勢は救援投手にも“伝染”した。1点リードの8回に登板したスアレスは無死一塁から山田にまたまた四球。ピンチを広げると、1死一、二塁から雄平の中前打で追い付かれ、2死後に中村に決勝の左中間2点二塁打を浴びた。「走者を出したのはよくなかった」と肩を落としたスアレス。工藤監督は「誰にでもこういうときはある」とかばったが、7日のDeNA戦(ヤフオクドーム)、10日の巨人戦(同)でも適時打を浴びているだけに「楽な場面で行かせることも考えてあげていい」とセットアッパーからの一時的な配置転換も示唆した。


続きを読む

 - 速報イチ

×
Co-Q10